酢生姜07

酢生姜の効果を知っちゃうと、作りたくなりますよね♪


こんにちは。発酵食勉強中の主婦Maiです♪

「どんな効果があったっけ?」というあなたには、詳しく書いた記事があるので、ぜひ読んでみてくださいね^^
酢生姜の効果効能5つとは?あなたもこれで血液健康美人に!


そして、酢生姜の作り方はとっても簡単!

ですからそのほかに

  • 食べ方
  • 保存期間
  • 酢生姜の活用法
などなど「コレは絶対知っておきたい!」っていう情報をご紹介しますね^^


・・・あれ?今「どうせ苦くてまずいんでしょ?」って声がしましたよ(笑)気のせいかな^^;

もし、そう思っていても大丈夫♪ 読み終わったら、必ず作りたくなること間違いなし!それでは、酢生姜の作り方からいってみましょう~。

Sponsored Links



簡単すぎて困っちゃう♪酢生姜の作り方!

酢生姜01

準備するものは、とってもシンプル!さっそく作っていきましょう。

用意するもの

  • 保存用容器(瓶やタッパーなど)

容器は煮沸消毒をしてから、しっかりキッチンペーパーなどで水気を拭き取ってください。焼酎などのアルコール消毒や、熱湯を上から容器にかけるやり方でも大丈夫です!

くれぐれもやけどに注意してくださいね♪

材料

酢生姜02
  • お酢:100cc
    (米酢・黒酢・穀物酢、お好きなものでOK)
  • 生姜:100g
    (皮ごと使うので、できれば国産無農薬しょうがにこだわりたいところ)
  • はちみつ:20g

まごきょん

ちなみにお酢は、酢リンゴ(リンゴ酢)を使うとよりマイルドで美味しいので続けやすいですよ♪


作り方は3ステップ!

  1. 生姜をきれいに水洗いして、水気をとり皮ごと食べやすい形に切る。
    スライスみじん切り千切り
    酢生姜03

    酢生姜04
    (私は手っ取り早くフードプロセッサーで「ガーッ!」とみじん切りに♪ byまごきょん)

  2. 保存容器に切った生姜・お酢・はちみつを入れて混ぜる。
    酢生姜06

  3. 冷蔵庫で一晩寝かせて完成!
    酢生姜07

もしかして「皮をむかずに食べるのは抵抗があるかも…。」って思いました?!

でも、生姜の皮に栄養が豊富に含まれているので、包丁でむいてしまうのはもったいないんです。(どうしても分厚くなりますし…)


そういう場合は、スプーンを使うと良いですよ。
soup-spoon-554063_640
実は、スプーンの角で上手にうすーく皮がむけるんです。ティースプーンの方が、細かいところに届くのでおススメ^^

皮が気にならなければ、ぜひ皮付きでお試しあれ♪


酢生姜は、本当に3ステップで出来ちゃいます。何と言っても、材料さえあればすぐに作れるのが嬉しいですよね!

一晩寝かせることで、お酢と生姜がなじんでまろやかになるので、必ず1日置いてから召し上がって下さい^^


つづいては、

「酢生姜は、1日にどのくらい食べたらいいの?」
「酢生姜は、保存はきくの?」

といった、疑問にお答えしますね!

酢生姜の食べ方&保存期間について

酢生姜 作り方02

ここでは、出来上がった酢生姜をどのくらい食べるのか?また、保存などについて見ていきましょう。

酢生姜の食べ方

酢生姜は、健康に良いからといって食べすぎは禁物です。1日大さじ1を目安に毎日続けていくことが大切。

そして、生姜は加熱することで体を温める効果がアップします!なので、酢生姜も加熱調理やレンジで温めて食べるのがおススメ^^

まごきょん

どんなにカラダにイイものでも、食べ過ぎはNGです。程々にして長くつづけましょうね。


酢生姜の保存期間について

保存期間は、生姜の切り方によって日数が異なります。
  • スライスの場合:2週間から3週間
  • みじんぎり・千切りの場合:1週間弱

「同じ生姜なのに、なんでこんなに違うの?」って不思議ですよね。それは、みじん切りや千切りにすることで水分が出やすくなるからです。

腐敗は水分や細菌が入ることで起こる現象なので、「どうしてもすぐに食べきれない!」って人には、冷凍保存がおススメ^^


みじん切りした酢生姜を製氷皿に入れて、冷凍してください。そうすれば、2ヶ月は保存できますよ。

冷凍保存は使う分だけ割ればいいので、「残ったらどうしよう」って心配な人にはイイかもしれませんね^^

そうだ!こんな事ありません?家族でご飯を食べる時に、ありがちな場面…。

「ちょっとお父さん!今、使ったスプーンで、酢生姜取ったでしょ~」
「いいやん、別に家族なんやから。あかんのか?」

あかんのです^^;

家族でも、使ってるスプーンで酢生姜をすくっちゃダメ!さっきも言ったように、細菌が腐敗につながるので、酢生姜を取る時は必ずキレイなスプーンを使いましょう♪

けっして、お父さんを毛嫌いしているわけではありません(笑)


では最後に、酢生姜の活用法についてご紹介しますね♪

生姜を料理に使うといっても、限られていません?実は、酢生姜を加えることで簡単お手軽なのに、味がグンと美味しくなりますよ^^

Sponsored Links


いつもの料理にちょい足し♪酢生姜の使い方!

酢生姜 作り方03

あれ?なぜお寿司なの」って思いました?

我が家では、いなり寿司を作る時、いつもガリを細かく切ったのを入れるんです。

ここで酢生姜の登場!炊き立てのご飯に酢生姜を混ぜるだけで、生姜入り酢飯の完成!

そうなんです…。わざわざ、ガリを買ってこなくて大丈夫ってこと^^

ということは、ガリや紅生姜に合う料理が酢生姜でもイケルはず!
  • いなり寿司
  • ちらし寿司
  • たこ焼き
  • お好み焼き
  • やきそば

この5つは、間違いなしですね♪ 酢生姜は、はちみつが入っているので料理に溶け込みやすくなります^^

ここで、ご注意が…。こちらで、紹介しているレシピは全て【みじん切り】の酢生姜の場合です♪


それでは、引き続きいってみましょう。びっくり裏技ですよ~!

酢生姜 作り方04

なんと!天ぷらに酢生姜をプラスします。

どういうこと!お酢だよ?」ってなりますよね。

でも、お酢には天ぷらをサクサクにする作用があるんです^^

いつも通りの天ぷら粉に、酢生姜を大さじ1杯半を加えるだけ。プラス生姜が入っているので、さっぱりした風味を残してくれます。

ちなみに、お酢は加熱により酸味を飛ばしているので、「すっぱい天ぷらやな~><」ってことにはならないのでご安心を…。


ちなみに、関西には紅生姜の天ぷらがありますよね♪でも「ちょっと生姜の天ぷらを食べる勇気が…」と思ったら、まず酢生姜天ぷら粉からお試し下さい^^


つづいては・・・

酢生姜 作り方05

じゃーん!肉と魚料理です♪

お酢には、お肉を柔らかくする作用があり、生姜は魚の臭みを取ってくれる作用があります。


いつもの肉・魚料理に酢生姜を加えることで、さっぱり!おつまみやご飯に合うおかずになりますよ^^

その中でもとっておきの5つはこちら♪
  1. 豚肉のしょうが焼き(これは定番ですね)
  2. 牛肉のしぐれ煮(みじん切りより千切りがおススメ)
  3. 鶏手羽元の甘辛煮(子供も食べやすい味になります)
  4. 鶏肉のソテー(鶏のしょうが焼き風に)
  5. 青魚の煮付け(臭みが消えるので食べやすくなります)

冷蔵庫に酢生姜があれば、普段から料理にパッと入れて超お手軽~♪

生姜って、年中どこでも売ってますよね。いつでも作れるから、主婦にとってはありがたい食材なんです^^

まごきょん

どのメニューにも、酢生姜を足すことでお味にアクセントがついて美味しくなりますね!しかもヘルシー♪



その他にも、ちょい足しにおススメなのが…。

酢生姜 作り方06

  • ドレッシング(オリーブオイルと塩コショウと酢生姜だけで簡単)
  • 餃子のたれ(しょうゆと酢生姜プラスラー油を入れると大人向け)
  • ぶっかけうどん(夏の暑い日に酸味をプラスして)
  • 中華スープ(少し加えるだけで、一気に味が変わり本格的に)
  • タルタルソース(ピクルスがなくてもお手軽に作れます)

などなど。結構どんな料理にも合うんです。やっぱり、ハチミツポイントになってますね。

酢生姜にはちみつの甘みが入ることで、生姜の苦味やえぐみが取れます。そして、料理と組み合わさることで旨みに変化してくれます♪


それでは、まとめにいきましょう!

まとめ

  1. 酢生姜の作り方は、3ステップで出来上がり♪
  2. 保存期間は、生姜の切り方で日数が変わります。冷凍保存の場合は2ヶ月OK
  3. 料理に酢生姜を少し加えるだけで美味しさアップ!

「酢生姜は、ちょっと苦手だな~」って最初に思っていた気持ち…少しは変化しました?

効果を知れば興味がわく!
作り方や保存方法を知れば試したくなる!

まさしく、酢生姜マジックですね^^

女性にとって冷え性は、避けたい悩みですよね。酢生姜を毎日大さじ1ずつ摂り入れる事で、いつの間にか体の芯までポカポカなのが日常になりますよ~♪


ぜひあなたも、私と一緒に「酢生姜で足先も心も温かい女性」になりましょう^^

コチラもぜひ参考に!
酢生姜の効果効能5つとは?あなたもこれで血液健康美人に!


まごきょん

Maiさん、酢生姜の作り方や使い方についてまとめてくださりありがとうございました♪

酢生姜マジック、ぜひ体験してみたくなりましたね!

この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(●´ω`●)

おすすめ関連記事



Sponsored Links