苺を甘酒に

「最近、美容効果が高いと評判の甘酒の効果効能が、とっても気になるんです!」


「そうでしょ、そうでしょ♪」

こんにちは。日頃から甘酒が欠かせない発酵家庭料理研究家のまごきょんです。

健康のカギは発酵食品がにぎっている」と悟った我が家では、当然のことながら甘酒を手作りしています^^

まごきょんまごきょん

この甘酒、うちの幼児でも飲めちゃうくらい美味しくてクセになっちゃうんです!もちろん、我が子が「元気に成長するために飲んで欲しい!」というのが私の本音…。

それだけ甘酒は、スーパーヘルシードリンクなんですよ^^


そして甘酒って、お子さんだけじゃなくママにも嬉しい美肌効果がすっごく!たくさん期待できるのです。ムフフ♪


今回は、憧れのツルツル色白すっぴん美肌を目指すべく、甘酒の効果効能についてご一緒に、見ていきましょう~。

Sponsored Links



甘酒の効果効能とは?

甘酒は、が醸してくれる究極の発酵食品です。甘酒の効果効能を見る前に、甘酒のパワーについて知っておきましょう!

飲む点滴!甘酒(甘麹)のパワーとは

寒~いお正月に、神社の初詣で振る舞われる甘酒…。甘酒って、冬のイメージってありません?

マルカワ味噌さんの玄米甘酒

ところが、俳句の季語にもなっているように、甘酒は江戸時代から夏バテ防止に冷やして飲まれていました。

そんな甘酒が、飲む点滴とも言われていて、健康と美容に効果が期待され長く注目されているのです!


ただし熱処理していない、生の甘酒にかぎります!その訳は、この後わかりますよ^^

甘酒の効果効能は6つ!

甘酒の美容効果は、実は麹のパワー!大きく分けると6つあります。

甘酒の効果効能6つ
  1. 美白美肌効果
  2. 保湿効果
  3. ダイエット効果
  4. アンチエイジング効果
  5. 便秘解消効果
  6. 免疫力アップ効果


麹菌が、甘酒の原料であるお米を醸(かも)すことで発酵します。その結果、100種類以上の酵素をうみだしてくれ、さまざまな美容効果が期待できるのです。


先ほど「生の甘酒にかぎる」と言ったのは、酵素がポイントだったから。つまり、酵素は熱に弱いので、効果を最大限に得るためには、やはり「生」が大切というわけ…。

まごきょんまごきょん

実は、市販されている甘酒は流通させるために熱殺菌処理されているものがほとんど。

ということは、手作り甘酒が超おすすめですね♪
甘酒の作り方!米麹とお粥で酵素タップリなレシピとは?


それでは、生甘酒の効果効能6つについて見ていきましょう!

甘酒効果その1:美白美肌効果

左手が酒粕パック済

甘酒を発酵させてくれる麹は、コウジ酸が豊富。シミや美白に効果的と言われており、酒蔵の杜氏さん達たちの手は白くてきめ細かく、まさに美肌

甘酒を洗顔の際に、塗ったりパックしても、ツルツルになるのには、ビックリです。

そして、このコウジ酸の特性を生かした某化粧品は、かなり有名ですね。

甘酒効果その2:保湿効果

麹が働いている甘酒には、ビタミンB群が豊富

そのおかげで保湿効果が高くぷるぷるもっちりな美肌と、しっとりツヤツヤな美髪のもとになります。

甘酒効果その3:ダイエット効果に期待♪

甘酒スムージー(バナナ・生アーモンド・小松菜・甘酒)

甘酒は、満腹感を得やすく(甘酒が含むブドウ糖が、血糖値をすばやく上昇させるため)栄養素が豊富なことから、食事代わりに摂取することで痩せ体質になります。

なので、プチ断食や朝断食のスムージーに入れるのも効果的です。
酵素たっぷり【甘酒スムージー】の作り方!アンチエイジングな朝ごはん!

甘酒効果その4:アンチエイジング

甘酒を発酵させてくれる麹が出す、100種類以上の酵素のおかげで、食べ物を食べた際、私たちの消化酵素を節約することができます。

その結果、自身の限りある酵素を代謝へ回すことができるので、細胞の入れ替わりや修復がスムーズに運びます。

ですから、若返り効果が期待できるのです。いわゆる、甘酒でアンチエイジングですよ!

甘酒効果その5:便秘解消

甘酒は菌の宝庫。また水溶性&不水溶性食物繊維オリゴ糖が、バランス良く豊富に含まれています。

ヨーグルトのように毎日摂り続けていると、腸内フローラが活性化し便通もスムーズに。

甘酒効果その6:免疫力アップ

コスモスの花

人間の免疫力の70%は腸にあると言われています。その腸に住んでいる善玉菌を増やしてくれるのが、麹で発酵した甘酒。

結果、腸内環境が整い免疫力がアップして、病原菌などの侵入を防いでくれます。


このように加熱をせず、砂糖を加えていない生の甘酒には素晴らしい効果効能が期待できるのです♪

このように麹菌は、人間の健康維持アンチエイジングに役立つ機能性物質をすべて作り出してくれています。

その麹菌からできた甘酒は、まさに日本人による日本人のためのジャパニーズ・ヨーグルトですね!


が健康になると、憧れのすっぴん美肌にどんどん近づくことができますよ^^

そんな甘酒ですが、実は2種類あるってご存知です?それでは次に、甘酒の種類について見ていきましょう!


ちなみに市販の甘酒ならこちらの遠藤酒造場さんがおすすめ!


甘酒の種類っていろいろあるの?

ちょっと余談ですが、我が家の自家製甘酒の一場面を…。

ひな祭りの時は、娘のためにイチゴをトッピングしています♪

苺を甘酒に

イチゴが甘酒効果で、ますます甘くなって美味しい~のです。次女さんも大喜び!リンゴやバナナなど、いろんなフルーツで楽しめますよ♪


おっと、話を元に戻して…。実は、ひとくちに甘酒といっても以下の2種類があります。

  • 米麹バージョンの甘酒(もしくは甘麹とも言う)
    ・・・米麹お粥とお水だけで、発酵させてつくられています。

  • 酒粕バージョンの甘酒
    ・・・酒粕お砂糖とお水で、煮溶かしてつくられています。


ちなみに、本格的な甘酒は米麹とお粥で作るほうになります。作るというか、発酵させるだけなので、仕込んだら一定の温度で放置すればOK!

まごきょんまごきょん

詳しい作り方は、こちらの記事へどうぞ。
甘酒の作り方!米麹とお粥で酵素タップリなレシピとは?



それから酒粕で作る場合は、アルコールが心配なので、ちょっとお子さん向きではないですね^^;(酒粕にも素晴らしい効能はありますが…)


麹から作る甘酒は、もちろんノンアルコールなのでお子さんでも安心♪

まごきょんまごきょん

ではここで、発酵という原点についても簡単に解説しておきましょうか^^

Sponsored Links


そもそも発酵とは?

美味しい甘酒(甘麹)を作り出してくれる発酵とは、いったいなんでしょう?せっかくなので、簡単に理解しておきましょうね!

発酵と腐敗の違いは?!

食べ物をそのまま放置しておくと、どうなってしまうか?

はい、特に暑い日なんかは。「腐ってしまいますよね^^;」

目に見えない微生物(いわゆる)が、くっついた食べ物の成分を分解して、エサにしたり新しい成分に作りかえたりしています。


その結果が、発酵腐敗なわけですが、「基本的にはどちらも同じ!」なんです。

    食べ物にくっついた、微生物(菌)のなせる業が、人間にとって

  • 有益なら、発酵⇒美味しくて美容と健康によい!

  • 有害なら、腐敗⇒お腹を下してしまった!

という訳なんですね。微生物くんたちにとっては、どちらも同じ仕事をしているだけなのに、人間の都合で、発酵か腐敗かを区別しているのです。

まごきょんまごきょん

もっと詳しく知りたいならこちらへ!
発酵と腐敗の違いとは!?発酵食品に賞味期限があるのはナゼ?


それでは最後に、今回の内容を振り返っておきましょう!

まとめ

甘酒の効果効能は6つ
  1. 美白美肌効果
  2. 保湿効果
  3. ダイエット効果
  4. アンチエイジング
  5. 便秘解消
  6. 免疫力アップ

今回は、生の甘酒パワーの素晴らしさをお伝えしてきました。

ただし!「美味しい、カラダに良い」からと言ってたくさん飲みすぎると、血糖値が上がってしまいます^^;

1日に飲む量は200㏄くらいまで、できれば、おちょこに1杯を1日3回とかがおすすめです。(お子さんは、だいたい半分くらいにしてあげてくださいネ)


我が家では、次女の離乳食やオヤツから始まって、長女の朝ご飯・私の美容と健康料理の調味料に、夫の悪酔い防止にと・・・

自家製甘酒が、本当に何かと大助かりなんですよ♪


あなたも、ぜひ甘酒効果で憧れのすっぴん美肌をゲットしてくださいね~♪


まごきょんまごきょん

そうそう、お料理の下ごしらえにも甘酒を使ってみて下さい!お肉をとっても柔らかくしてくれて旨味が倍増しますよ^^
肉を柔らかくする最強の方法とは?旨みと栄養価もアップします!

その他の甘酒の活用法についてもどうぞ♪
甘酒の活用法!あらゆる調味料とのコラボで発酵パワーがアップ!

◆当ブログの管理人”発酵家庭料理研究家のまごきょん”はこんな人!?
詳しいプロフィール (随時執筆中・・・)
このブログをはじめたワケは


この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(●´ω`●)

おすすめ関連記事



Sponsored Links