酒粕甘酒のアルコールを日本酒で飛ばせるか

「酒粕甘酒のアルコールを日本酒で飛ばす。」
「これって、本当にできるの???」



こんにちは。毎日の甘酒が欠かせない発酵家庭料理研究家のまごきょんです(●´ω`●)

先日アップした記事「甘酒にアルコールは?飲酒運転が心配!完全に飛ばす裏技って?」の中で、酒粕甘酒のアルコールを飛ばす裏技を紹介しました。

ところが、その裏技「酒粕甘酒のアルコールを日本酒で飛ばす。」について、

「酒粕甘酒と日本酒の割合ってどのくらい?」
「そもそも、本当に酒粕甘酒のフランベってできるの?」

という疑問がフツフツと沸いて、さらにしつこくリサーチしていました、ところが、分量などの答えがまったく見つからないので、実際に実験してみることにしたんです。

まごきょん(困る)

その結果、なんと驚愕の事実が判明・・・!!



それでは、さっそく「酒粕甘酒のアルコールを飛ばす実験!」をご一緒に見ていきましょう。


Sponsored Links

酒粕甘酒のアルコールを日本酒で飛ばせるのか?

こちらの記事内で紹介している、「酒粕甘酒のアルコールの飛ばし方」はこうでした。

  1. お鍋に酒粕甘酒と日本酒を入れます。そしてよく混ぜます。
  2. お鍋を火にかけグツグツ煮立たせます。
  3. 完全にアルコールを飛ばすために最後、マッチやライターなどでをつけます。(フランベのように)
  4. 火が完全に消えたら、アルコール飛ばし成功です。


ってことで、上記の方法を実際にやってみました!こちらの動画をぜひご確認ください。(2分25秒)

酒粕甘酒のアルコールを飛ばす実験!日本酒編




あれあれあれ~?でしょ~~~(´∀`;)

実験結果をまとめると

  1. 日本酒オンリーだと、温めることで点火できた。
  2. 酒粕甘酒250cc日本酒大さじ1(15cc)を入れ、温めて点火してもつかない。
  3. さらに大さじ4(60cc)日本酒を追加(合計75cc)。混ぜて温めながら点火しても、火はつかなかった。

今回の実験結果から思ったこと

  • 酒粕甘酒250cc日本酒75ccで火がつかない。いったい、どのくらいの割合なら火がついてアルコールを飛ばすことが可能なのか?
  • そもそも、日本酒をどんどん増やして火がつきアルコールを飛ばせたとしても、酒粕甘酒が薄まって美味しくなくなるんじゃ!?

・・・という結論に。(´・ω・`)ショボーン


マゴキョンマゴキョン

ところがどうしても諦めきれない私は、さらにアルコール度が高いウォッカ「スピリタス 96度」で試すことにしたのです。(普段、消毒用アルコールとして使っています)


こちらも、実験結果を動画でご覧くださいね。(1分47秒)

酒粕甘酒のアルコールを飛ばす実験!スピリタス編




こちらも、あれあれあれ~??な結果でした・・・(´・ω・`;)

うーむ。これはいったい、どういうことなのか。ここでも、いったん整理しましょう。

実験結果をまとめると

  1. スピリタスだけの場合は、常温で点火できた。
  2. 酒粕甘酒100ccスピリタス小さじ1(5cc)を入れ、温めて点火してもつかない。
  3. さらに小さじ1(5cc)スピリタスを追加(合計10cc)。混ぜて温めながら点火しても、火はつかなかった。

今回の実験結果から思ったこと

  • 酒粕甘酒100ccスピリタス10ccで火がつかない。いったい、どのくらいの割合ならOKなのか?
  • もし、スピリタスをどんどん増やした結果火がついてアルコールを飛ばせたとしても、酒粕甘酒が薄まり本来の美味しさが味わえないんじゃ?

やっぱり、こんな結論に…。(´・ω・`)ショボーン

まごきょん(困る)

お酒でアルコールを飛ばす方法は、やっぱり不可能なのね…。


と、途方に暮れながら改めてリサーチしまくってみたら・・・、なんと

甘酒にする前段階の酒粕そのものを日本酒で溶いて、火をつけアルコールを飛ばす。

という情報にたどり着いたのです!


そこで、引き続き実験を開始しました(`・ω・´)ゞ

Sponsored Links


酒粕を日本酒で溶いてからアルコールを飛ばす

「毒をもって毒を制す」
「呼び水的な役割」


という意味なのか(?)さらにアルコールを追加し、酒粕のアルコールを一緒に飛ばしてしまおう。

これが本当に酒粕甘酒で可能なのか。というのが、今回の検証なわけです。

まごきょん(困る)

ですが、普通に考えて酒粕甘酒は水分量がかなり多いので、火がつくとは思えなかったのが正直なところ…。



「だったら、酒粕の状態でアルコールを追加して、点火すれば!」
「この方法ならもしかして、火がつくかも???」

ってことで、さっそく実験動画をご覧ください!(1分42秒)

酒粕のアルコールを日本酒で飛ばす実験!




えーっと・・・。やっぱり、ダメでしたね。期待させてごめんなさいm(_ _;)m

実験結果をまとめると

  1. 原材料が、米こうじという混じりっけのない「酒粕」を用意。
  2. 酒粕50g日本酒100ccで溶いて温め、点火してみたがまったく火がつかず。
  3. 酒粕&日本酒だけでも、フランベ状態は不可能だった。

今回の実験結果から思ったこと

  • 火がつくための酒粕と日本酒の割合は、いったいどのくらいなのか?
  • 火がつかずアルコールが飛ばなければ、度数が増えてしまい本末転倒!?
  • もしかすると、酒粕を溶かさずちぎった状態なら火がつくかもしれない。ただこれだと、酒粕の内部のアルコールまでは飛ばないと思われる。


ここまでいろいろ試しても火がつかない。そもそも「甘酒をつくる技」で使うというこの情報って確かなのでしょうか。本当に酒粕をフランベ状態にしてアルコールを飛ばせるのか!?

もしできるとすれば、職人技?

だったら、一般家庭で再現するのは、かぎりなく不可能ですよね・・・(´・ω・`;)

マゴキョンマゴキョン

やっぱり、ご家庭で酒粕甘酒のアルコールを安全に確実に飛ばす方法は、どうやら「沸騰させること」が一番のようです。



では改めてこのあと、美味しい酒粕甘酒の作り方と一緒に見ておきましょう。

酒粕甘酒を沸騰させてアルコールを飛ばす

つまり、今回何度も実験してみた結論は、こうです。

酒粕甘酒のアルコールを飛ばす方法は、沸騰させることが一番。

酒粕甘酒に80度以上の熱を加えて3~5分ほど加熱すれば、酒粕のアルコールが抜ける。


やり方は、とっても簡単!

酒粕甘酒をお鍋に移してフタをせず、時々かき混ぜながらフツフツと5分ほど沸騰させること。これで、酒粕のアルコールはほぼ飛んでしまいます。

マゴキョンマゴキョン

ちなみに、酒粕甘酒をグツグツさせる時ですが、突然「ぶくッ!!」とプチ噴火するのでご注意を。必ずグルグルとかき混ぜながら温めましょうね~。


という訳で、酒粕甘酒の作り方と一緒に撮った動画をご覧ください。(2分05秒)

美味しい酒粕甘酒の作り方!(アルコールを飛ばす方法も)




ところで、今回の酒粕甘酒を中1の長女にも味見してもらいました。

すると、酒粕甘酒を沸騰させてアルコールで飛ばしたものは「お酒臭くない!飲みやすくなっている!」という反応。

日本酒でアルコールを飛ばす実験をした甘酒は、火がつかなかったので案の定「お酒くさっ!」だそうです^^;

ちなみに、日本酒オンリーで点火し燃え尽きたあとの元日本酒は、お酢っぽい香りがして、まったくアルコールの味とニオイは残っていませんでしたよ。(これはもちろん私たち夫婦が味見しました^^;)


マゴキョンマゴキョン

あ、それからアルコールを飛ばすには酒粕の段階で蒸すという方法もありますよ。


酒粕のアルコールを蒸して飛ばす方法

  1. 蒸し器にキッチンペーパーを敷く。
  2. 酒粕を薄くはがしておく。(はがれないものは5mmの厚さに切る)
  3. 酒粕が重ならないように蒸し器に並べる。
  4. 30分ほど蒸すことで、アルコールをほぼ飛ばすことができる。

こちらの本の29ページ目で紹介されていました。

この本は酒粕に関する情報はもちろんのこと、ヨーグルトお酢味噌ぬか漬けなどについても詳しく、発酵お料理レシピも満載ですよ。


それでは、今回の内容を振り返っておきましょう。

まとめ

酒粕甘酒のアルコールを飛ばす実験の結果は・・・
  • 酒粕甘酒と日本酒:火がつかず不可能
  • 酒粕甘酒とスピリタス:火がつかず不可能
  • 酒粕と日本酒:火がつかず不可能
  • 家庭でおすすめの安全な方法:フタを開けたまま5分間酒粕甘酒を沸騰させる

そもそも火をつけるフランベって、おうちのキッチンで実行するにはちょっと、いやかなり危険ですよね…。もしも、大きな炎が上がったりしたら大変!!

ですから、妊婦さんや未成年の方アルコールが苦手な方は、甘酒を沸騰させるか酒粕を蒸す方法でアルコールを飛ばして、安全に美味しくいただいてくださいね。

マゴキョンマゴキョン

あ!もし「酒粕」のアルコールを燃やして飛ばす方法をご存知の方がおられましたら、ぜひぜひコメント欄に詳しい情報をお願いします!

◆当ブログの管理人”発酵家庭料理研究家のまごきょん”はこんな人!?
詳しいプロフィール (随時執筆中・・・)
このブログをはじめたワケは

cocoaru公式LINE@はじめました!
(ブログでは言えないお話・イベント告知などはLINEにて♡)
友だち追加
↑お友だち登録はこちらから!


この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(●´ω`●)

おすすめ関連記事



Sponsored Links