「甘酒の保存ってどうすれば?」
「どのくらいの期間もつの?」



甘酒を買ったり作ったりしたとき、こんな悩みを持つ人って多いのでは?こんにちは、発酵食品大好き主婦のsayaです。

市販の甘酒の量があるものって、毎日飲んでいてもなくなるまでに時間がかかってしまいますよね^^;

私の場合、米麹酒粕から甘酒を手作りしているんですが、たまにまとめてたくさん作ることがあるんですよね…。

そんなときは、慌てずにしっかり保存するようにしています^^

そんな甘酒の保存に慣れている私が、今回は

  • 甘酒の保存方法や期間
  • 保存するときの容器など
についてお話ししていきますね。

最後まで読めば、あなたも落ち着いて甘酒と付き合っていけるようになりますよ^^では、さっそく見ていきましょう!

Sponsored Links



米麹と酒粕で違う!?甘酒の保存方法や期間は?

米麹甘酒酒粕甘酒も、体によくて美味しいなんて嬉しいですよね。最後まで美味しく飲むためには、やっぱりちゃんと保存することが大事^^

では、どんな保存をすればいいんでしょう?

米麹でできた甘酒も酒粕でできた甘酒も、保存方法は
  • 冷蔵
  • 冷凍
2種類あります。…が、実は米麹と酒粕では保存できる期間が違うんですよね。

まずは、甘酒の冷蔵保存について見ていきましょう!

甘酒の保存方法その1:冷蔵



冷蔵保存の場合、
  • 米麹甘酒(火入れしている):1ヶ月
  • 米麹甘酒(火入れしていない):1週間

  • 酒粕甘酒(火入れしている):1週間
  • 酒粕甘酒(火入れしていない:3日
となります。


まず、酒粕の甘酒があまり長く保存できないということに驚きませんでした?酒粕の甘酒は、作るときに水と混ぜるので長くもたないんですよね^^;

酒粕だけのほうがず~っと長く保存できるので、飲むときに飲む分だけ作ることをおすすめします!

マゴキョンマゴキョン

酒粕の保存について詳しくはコチラ!
酒粕の保存法や期間!常温・冷蔵・冷凍それぞれの違いとは?


私も酒粕の甘酒については、作り置きせずに毎回作るようにしていますよ。たまに余らせますけどね^^;(そんな時は冷蔵保存!)



そして次に「火入れ」についてですが、

甘酒の「火入れ」とは、完成した甘酒を一煮立ちさせること

を言います。

こうすることで、雑菌が繁殖しにくくなるので長持ちするんですよ。市販の甘酒は火入れされているので、冷蔵庫だと1ヶ月くらい保存ができますね^^

ちなみに、手作りの甘酒の場合も火入れをすると保存できる期間をのばすことができます。

ただ、火入れしてしまうと発酵酵素の働きも止めてしまうのでもったいないですよね…。(70度以上で麹菌は死んでしまうし、酵素の働きもストップしてしまうんです^^;)

だから私は、自分で作るとき火入れはしません!酒粕から甘酒を作るときも、必ず低温を意識しています^^

だってやっぱり、手作りならではの働いている酵素を摂り入れたいじゃないですか。きっと、世の女性はみんなそう思うのでは…。


そんな「酵素の働きを止めたくない!」というあなたには、冷凍保存がおすすめですよ。

ということで、次に甘酒の冷凍保存について見ていきましょう!

甘酒の保存方法その2:冷凍

冷凍保存は酵素の働きを休ませるだけなので、飲むときに復活させることができます^^

冷凍保存したときの保存期間は、米麹・酒粕関係なく3ヶ月なので「長くもたせたい!」というときにもピッタリですよ。

冷凍保存で大事なポイントは、
  • 冷凍するときは、必ず小分けにする!
  • 解凍に電子レンジNG!冷蔵庫に入れてゆっくり解凍する!
ことなので、必ずこれらを守るようにしましょうね。


小分けで冷凍すると、飲む分だけ解凍すればいいので便利です。なので、「解凍したのに余ちゃった…。」なんてことにもなりません^^

ちなみに、私は製氷皿を使って冷凍させています^^今はいろいろなサイズや形のものが売られているので、製氷皿を集めるのも楽しいですよ!



とはいえ、大事なのは解凍方法

解凍するのに、電子レンジは絶対使ってはいけません!電子レンジって、温める箇所にムラがあるじゃないですか^^;

つまり、「一部だけ高温に…!」なんてことになるので甘酒には向いていません。

冷凍した甘酒は、冷蔵庫でゆっくり解凍して飲むときに温めましょう!


ちなみに温める温度ですが、火入れしてあるものは気にしなくてもいいです。でも、火入れしていない甘酒は60度くらいまでにしておきましょう。くれぐれも、70度以上にしないでくださいね。


〜こちらは甘酒作りの温度管理です〜

ただ、冷凍で保存すると長持ちしますが冷凍やけすると一気に美味しくなくなります^^;なので、できるだけ早く飲むようにしましょう。

でも、どうしても保存期間を過ぎてしまうことってありますよね…。私も、たまに「冷凍したまま忘れてた!」というときが^^;

そんな時は料理に使うようにしています^^そのままで飲むよりかは、冷凍やけのニオイが少しは軽減されるのでおススメですよ。

やっぱり、甘酒の素晴らしい効果を無駄にしたくありませんからね^^


マゴキョンマゴキョン

ちなみに冷蔵保存の期間を過ぎてしまった時も、乳酸発酵がすすんで酸っぱい甘酒(米麹)になってしまいます。そんな時は、甘酒ドレッシングにするか煮物にいれるなどして活用しちゃいましょう。

ただし、くれぐれも雑菌の繁殖による酸味(つまり腐敗)には注意です。(でも、私はこれまで甘酒を腐敗させたことはありませんが…)


それでは次に、気になる甘酒の保存容器についても触れておきましょう!

Sponsored Links


甘酒の保存容器について

甘酒の保存容器ですが、雑菌が入るのを防ぐためにも”フタができる”ビンやタッパを使ってください。

保存の際は、必ず熱湯消毒も忘れずに!雑菌が繁殖すると、せっかくの甘酒がダメになってしまいますよ^^;

ちなみに私は、
  • 冷蔵するときはビン
  • 冷凍するときは、製氷皿から出した冷凍甘酒をタッパに入れておく
という具合に保存をしていますよ。


マゴキョンマゴキョン

我が家の場合は、100円ショップで購入した麦茶ポット(日本製)に入れて冷蔵庫へ入れています。



冷凍保存は、ジップロックなどの液漏れしないファスナー付き保存袋に入れることも。

と言いつつ、ヨーグルティアで1回作る量(約1L)が3日でなくなるため、冷凍する暇がないという…^^;


さて、ここまで一気に見てきましたが、最後に分かりやすくまとめておきましょうね。

まとめ

  • 甘酒の保存方法は、冷蔵冷凍2種類がある。
  • 冷蔵と冷凍の保存期間は、
    1. 冷蔵保存の場合
      • 米麹甘酒(火入れあり):1ヶ月
      • 米麹甘酒(火入れなし):1週間
      • 酒粕甘酒(火入れあり):1週間
      • 酒粕甘酒(火入れなし):3日
    2. 冷凍保存の場合
      • 材料(米麹・酒粕)、火入れ関係なく3ヶ月
  • 冷凍するときは製氷器などに小分けして、解凍するときはゆっくり冷蔵庫ですること。
  • 甘酒を保存する容器は熱湯消毒しておくこと(ビンタッパなど蓋ができるものを使う)

保存方法や期間を知っていると、慌てなくて済みますよね。私も前は、保存できる期間を知らなかったので、いつも焦って飲んでいました^^;

不思議なことに、慌てて飲むと美味しさが半減するんですよ。しかも飲み終わる時期が読めず、甘酒を作るタイミングもバラバラでした…。

でも今は保存について理解しているので、甘酒を作る量も安定したのですね。ですから私自身、保存方法や期間を知っていてよかったな~と感じます^^


あなたも、市販・手作り問わず美味しく甘酒を飲むために上手に保存してくださいね♪


マゴキョンマゴキョン

Sayaさん、甘酒の保存方法や期間についてまとめてくださりありがとうございました♪

甘酒の種類について詳しく知りたいならコチラ!
甘酒は酒粕と米麹の2種類!3つの違いを知って目的別に飲みわけよう!

◆当ブログの管理人”発酵家庭料理研究家のまごきょん”はこんな人!?
詳しいプロフィール (随時執筆中・・・)
このブログをはじめたワケは


この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(●´ω`●)

おすすめ関連記事



Sponsored Links